About

奇跡のダイヤモンド TypeⅡ

世界で2%の類い希な存在

天然では世界で2%しか産出されない極めて希少なダイヤモンド、それがタイプ2です。

理想的なダイヤモンドは炭素だけの結晶ですが、炭素に置換された窒素やホウ素などの多少の不純物を含むものがほとんどです。
天然のダイヤモンドは窒素の含有量で分類され、窒素が含有されるタイプ1、 窒素をほとんど含有しないタイプ2a、そして窒素をほとんど含有せず、一方で電気を通す性質を持つタイプ2bに分類されます。
不純物である窒素を含まないタイプ2aは、非常にクリアーな美しいダイヤモンドで、極めて希少性が高い貴重なものです。
アルテ・オラファ・フルヤでは、他店ではほとんど扱いのない、このピュアでレアな無色のタイプ2aダイヤモンドの素晴らしさを是非皆様にご堪能いただきたく、積極的にご紹介しております。

タイプ1型1a型窒素が集合体をつくっている。一般的なダイヤモンドのほとんどがこのタイプで、カラーはDからZのもの。98%
1b型窒素が単独で存在している。ファンシーインテンスイエローなど濃い黄色系を生む。
タイプ2型2a型窒素やホウ素など不純元素を含まない。全ダイヤモンドの0.5%程度といわれる希少なもの。2%
2b型

ホウ素を含む。

電気を通す特異な性質があり、ファンシーブルーが属するタイプ。

タイプ1型
1a型 窒素が集合体をつくっている。一般的なダイヤモンドのほとんどがこのタイプで、カラーはDからZのもの。
1b型 窒素が単独で存在している。ファンシーインテンスイエローなど濃い黄色系を生む。
98%
タイプ2型
2a型 窒素やホウ素など不純元素を含まない。全ダイヤモンドの0.5%程度といわれる希少なもの。
2b型 ホウ素を含む。
電気を通す特異な性質があり、ファンシーブルーが属するタイプ。
2%

厳選された超一流のみお届け

アルテ・オラファ・フルヤは

G.I.Aの鑑定に基づいて、さらに厳選された超一流の

タイプ2ダイヤモンドをお届けしています

アルテ・オラファ・フルヤではダイヤモンドの鑑定にあたって、世界の3大鑑定機関※のひとつである「G.I.A(米国)」に依頼しています。

そして、その鑑定結果に基づき、さらに以下の水準を満たしたダイヤモンドのみを取り扱っています。

ダイヤモンドの3C
鑑定書

※世界の3大鑑定機関には、G.I.Aの他にFGA(英国)とグベリン(スイス)があります。

※この中で最も有名でかつ評価が厳しい鑑定機関はやはりG.I.Aであり、ダイヤモンドの品質評価国際基準「4C」を作った機関でもあります。

※また、G.I.Aはサザビー等のオークションでのダイヤモンド鑑定にも利用されており、まさに信頼性が高い世界最高のダイヤモンド鑑定機関といえます。

品質評価基準「4C」

Cut(研磨)

アルテ・オラファ・フルヤでは、プロポーション、ポリッシュ、シンメトリーのいずれもが「Excellent」の評価を得たトリプルエクセレント[3EX]のタイプ2ダイヤモンドしか取り扱っていません。

3EX トリプルエクセレント

Clarity(透明度)

アルテ・オラファ・フルヤでは、プロポーション、ポリッシュ、シンメトリーのいずれもが「Excellent」の評価を得たトリプルエクセレント[3EX]のタイプ2ダイヤモンドしか取り扱っていません。

Clarity

Color(色)

アルテ・オラファ・フルヤでは、最高ランク[D]のタイプ2ダイヤモンドしか取り扱っていません。

color

Carat(重量)

カラットはダイヤモンドの重さの単位で、1カラットは0.2gです。カラット数が増えるほどダイヤモンドの評価は高くなります。

ただし、「4C」はあくまで品質評価基準であり、これが全てではありません。

異次元の輝きと煌めきをまずは、お客様ご自身の目で「奇跡」を体験してください。

カットの美しさ比較

ブリリアンカットに見る「ハート&アロー」のカットの美しさ比較

一流ブランドの標準的(タイプ1)ダイヤモンドのブリリアンカット
アルテ・オラファ・フルヤのタイプ2ダイヤモンドのブリリアンカット

上記のカット面の美しさの違いは、ダイヤモンドの組成によるものではなく、ジュエリーデザイナー(職人)の加工スキルによるものです。

タイプ2ダイヤモンドは、2%という極めて高い希少性があるため、世界での流通量も少なく、結果として加工スキルが高い職人の元に集まるというジュエリー界の実績と現実があります。

アルテ・オラファ・フルヤでは、日本で最高峰との評価が高い、超一流の職人を使って制作していますので、安心してオーダーしていただけます。

タイプ2ダイヤモンドの歴史

タイプ2ダイヤモンド

ダイヤモンドの歴史は、紀元前にインドから産出されていたのが始まりだと言われています。
その後時代が進みインドのムガール帝国時代には、インド南部のゴルゴンダ(今のハイデラバード)から産出されたことが知られています。
ムガール帝国の力の強い藩王は、ダイヤモンドでも特に光るものを手に入れ、豪華なネックレスやリングを作らせて身を飾っていました。
もちろん当時は知らずにですが、特に光の輝きが綺麗なダイヤモンドとして選ばれたものは、後にこれがタイプ2aだと判明したということです。

世界的にも有名で歴史にも登場するダイヤモンドがタイプ2aだったということもよくあります。
史上最大の3,106ctの原石「カリナン」からカットされた530.20カラットの「カリナンⅠ世」、ハリーウィンストンが購入してスミソニアン博物館へ寄贈した140.50カラットの「ホープ」、英国王室のヴィクトリア女王に献上された108.93カラットの「コイヌール」などは、実はタイプ2aダイヤモンドでした。

現代に入り、スイスの宝石鑑別機関のグベリンが、ダイヤモンドのタイプ1型のaとb、タイプ2型のaとbを鑑定書に記載するようになり、徐々に一般に知られるようになっていったのです。

お問い合わせはこちらから

営業時間:11:00〜19:00 定休日:火曜日(祝日除く)